メイキング オブ ウミチャー壁紙 3/4回

  1. 制作環境編
  2. 素材準備 キャラクター編
  3. 素材準備 背景編 ←今ここ
  4. 仕上げ

今回は背景編。これ↓を作るよ。

要素としては、青い金網っぽいもの、炎のハート、舞い散る羽、砕けたガラス。

background_all

 

まずは金網を作る。

制作環境編で準備した金網のフォトを2枚並べて配置する。左側に配置したフォトはワープ変形で少し曲げている。右側のフォトは自由変形で斜めにしている。

background_metal_1

フォトが明瞭すぎるので、放射状ぼかしのフィルタで中心部以外をぼかす。

background_metal_2

フォトの上に描画モード「スクリーン」でレイヤーを追加する。そして2枚のフォトの境目あたりに適当に色を塗ると、良い感じに2枚のフォトがつながって見えるようになる。

background_metal_3

さらに描画モード「焼き込みカラー」のレイヤーを追加して、カラフルに色付けする。

background_metal_4

さらにさらに描画モード「ハードミックス」のレイヤーを追加。これまた適当に色付けし、明るいところやら、色むらを作る。これをベースとして、色相・露光量・トーンカーブを調整して、各キャラのイメージカラーに寄せることで、色むらあるメタリックな背景ができる。

background_metal_5

海未ちゃんカラーに寄せたバージョン↓。これに描画モード「スクリーン」で背景に合わせて歪みを加えたフォントと、砕けたガラス素材を配置すると……

background_metal_6

金網背景最終版。

background_metal_7

ハート型の炎を作る

制作環境編で準備した炎フォト素材を複数枚配置、ワープ変形を使ってハート型に並べる。

background_fire_1

炎素材の黒い部分はそのままで良い。炎素材のレイヤーの描画モードを「スクリーン」にして、先ほど作った金網背景を表示すると、炎素材の明るい部分のみが浮かび上がり下のようになる。「スクリーン」では黒い部分は透明になり、明るい部分が残る。だから明るい炎部分だけが、描画されるのさ。

background_fire_2

炎素材の上にレイヤーを追加して下のようなグラデーションで塗る。

background_fire_3

そしてグラデーションのレイヤー描画モードを「色相」にして、ハート型炎のレイヤーでクリッピングマスクを作成すると、カラフルな炎になる。

background_fire_4

後は羽用のレイヤーを追加して、羽ブラシを使って羽を舞い散らせば背景は完成よ。

background_fire_5

 

これにて背景編完結。次は仕上げ編だ。

 

つづく

広告