Category: けいおん


ようこそ、Forza motorsport 4へ。
お帰りなさいませ。地平線からの帰還、お疲れ様でした。
コロラドの大地はいかがでしたか。

AKB0048の高橋みなみじゃよ。
超今更ながらのHORIZONオンリーだった痛車のFM4への移植。いつか移植しようと思っていたんだけどねぇ、ウルトラ延び延びになってたよ。移植する暇があったらつい別の完全新作作っちゃうんだ☆

いやあなんつーの?HORIZON上で作っちゃったから、FM4へ移植しようと思うと再作成に近いよね。FM4->HORIZONのバイナルインポートは出来ても逆は出来ないから。だから生産性なく同じものを作るより、つい新規の新作の方へ時間を割いてスーパー延び延びになっちゃった、てへぺろ☆(・ω<)

けいおん りっちゃんも帰還じゃよ。

HORIZONでラリー専用に作っていたものを、車種を変えて移植。車種だけじゃなく細部が色々変っているのはご愛嬌。単純にバイナルグループ貼り付けての移植じゃなく再作成だから、作る時の気分が違えば結果も変わる(いい加減だなぁ、おい

ラブライブ! ことほのうみ じゃよ。

ピンク部分の色合いがHORIZON ver.より濃いのは作る時の気分。作る時の気分が違えば色合いも変わる。

WORKING!! ワグナリアメンバーじゃよ。

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
同じものを作っているようでいて、微妙に違うものになっている。まあいつものこと。

あれ、イヴの時間のサミィはドリ系の俺のためのサミィは?
サミィはもっと近未来っぽいデザインにリファインしようかと思いつつ、アイディアがなくて積んでる…

広告

3号?多分りっちゃんは3号であってる。
HORIZONのラリー用の痛車が1種類しかないのは寂しい。と言うことで、この前のむぎのアレに引き続き、2台目を作った。今回の移植はアレ…のはずだったんだけど。

何故か律オンリーでしかも全くの別物に。なぜ?

向こう側のりっちゃんが見辛い。ってことで別視点から。

こっちも見辛い。HORIZONはフォトを撮り辛いのよねえ。場所や色合いを選ばなければ撮れるんだけど。

バイナルで文章を入力するのはすんげえ手間がかかるね。ビックリだね。バイナルで200文字の文章とか地獄だよう、あうあう。

こうやってじっくりと見ると、なんつーの?タイポグラフィってーの?それっぽいデザイン好きよねえ。よく作ってるよね。背景に困ったときはタイポグラフィで誤魔化す。使い方を一歩間違えると綺麗なレイアウトから一転、ごちゃごちゃした何かの塊になるから気を付けないと。え、もうなってる?

あれ?HTT傾いているよ。傾けたんだよ。特に意味はない。困った時の、黄色・灰色頼み。オレのデザインってよく黄色と灰色を使っているよね。文字主体の時は特に。

移植どころか、無駄に手を掛けまくってバイナル以外新作になったけど、ラリー用痛車2台目出来たさ。

みんなラリってる?オレはラリってるよん。
いやいやいやいや、ヤバイ意味じゃあないよ。ヤバイものやってるわけじゃない。
ラリー拡張パックのことさ。パートナーのキリリッっとしたイケメンボイスに濡れちゃう(笑)「次100、ハードレフトッ」ハード!?ハードなのきちゃうの?

ラリー用っつうと、何故かいつもの痛車とは違うタイプの痛車で走りたくなるね。
なんつーの?いつものクール系やカワイイ系とは違う、ロックというかパンクというか…。というわけで、今まで作った痛車の中では 割と異色な感じがしないでもないこれをラリー用に移植。異色を移植って、ぎゃはははははははははははっ…、っていや別に面白くねえよ。

もっと、ロックだったりパンクだったりな印象のする痛車をいろいろと作ってみたいね!今はアイディアないけどね!!アイディア、天から降ってこいっ!!!アイディアくれたら、ラリー専用な感じの痛車を作ってあげないこともないわよっ!

最近のデザインは完全新作ばかりで、Forza3からのデザイン移植を超サボってたっ!
言い訳を聞いてくれよ。Forza4で制作したデザインは既に、Forza3からの単純移植&リメイクとForza4での完全新作を合わせて50近くある。これだけ作ってまだまだ移植してないデザインが在るんだよ。移植しきれねーよ、作りすぎだよっ!ひょっとしてオレは、ペイントしていないと呼吸できない病にでも罹っているのか?(笑)

と言う訳で、神咒神威神楽のデザインがひと段落したところで少し移植を進めた。とうとう、次のラブライブ痛車2号でForza4でのデザイン総数50を迎える(笑)

今回は移植策をまとめて紹介。車種が変わった以外に、ほとんど変わっていないからな。

魔法少女まどかマギカより、巴マミ1号の black version 。遂にBugatti VeyronにペイントしたZE。ボンネットが狭すぎてどうやってペイントしたものかと思って、扱いあぐね果てていたけど遂にペイントしてやったぞハァハァ。

俺妹より、黒猫デザインリメイク前バージョン。このデザインはボンネットの白と黒の対照的なレイアウトが注目されがちだけど、真に見るべきはセクシーなリアなんだよっ!!と言う訳でリアのフォトもどうぞ。

ハァハァ……、組んだ脚がセクシーだなあハァハァ…。

マージャン☆ドリームクラブで受付さん歌披露記念で移植。白ベタのベースだったものを、白のスペシャルカラーをベースへ変更。フォトでは分からないけど、見る位置によってボディーカラーがわずかに変わる。

けいおん より、田井中律。白色ベースのデザインからTeslaのボディーカラーをそのまま使うように変更。

リア&側面も微妙に変更。とは言っても、アハ体験レベルの変更だから注意してみないと判らないレベル。

今回はストアに出してないけど、もう移植作は充分だろ。マミさんのはyellow versionがストアに在るし、黒猫はリメイクバージョンがストアにまだ在る。律っちゃんは既に1種類ストアに出した事が在るし。Forza4で一回も出てないのは、受付さんくらいだけど今更オレ意外に需要は無いだろ。ストア出しは希望があってからでも遅くはないはず。スロット全く足りてないからなあ。

またもや、Forza3からの移植。微妙に違うので紹介。単純移植のつもりが、変わってしまうってことあるよねえ。あれ、デジャブ?どこかで同じセリフ言ってた気が。

右側面。

今回は本当に微妙に違うだけ。過去作と比べてみよう。間違い探しレベルでほとんど同じ。一番の違いは、ベースの色が過去作は灰色のレイヤーを一面に張ってたのに対して、移植作では車の元の色であるマットブラックをそのまま使ってる。単純に移植するつもりが、あれ?車のマットブラックそのままデザインに生かせるんじゃないの?⇒それじゃあ、それに合わせてちょっとデザイン変えてみよう。という流れ。いやほんと、単純移植のつもりが変わってしまうってことあるよねえ。

上面。

ここはほとんど変わらない。何処が違うか当てられたら、賞金が出るレベルでほとんど同じ。出ないけどね、賞金。

左側面。

相変わらずバイナルで文章書くのが超々大変。遠目には何書いてあるか分からない程のサイズで、わざわざ長文を書く。何故そんな事をするのか?あったほうがcoolだからさ。

リア。

リアは毎回悩む。面積とレイヤー数の制限で派手な事は出来ない。だからと言って手を抜けば画竜点睛を欠く、だ。家に着くまでが遠足であるように、フロントとリアを仕上げるところまでがデザインだ。

他にマットブラックを活かせるデザインとしてほむほむのアレを思いついてしまった。いや、作るとは言わないけどね。思い付いただけ。

時代はロックだ!(嘘)

新たな表現を求めてロックなデザインを作る!と思ってみたりしたものの、ロックってなんなのよ。ロックって何さ、あんたは私のなんなのよ。そう思ってWikipedia先生に尋ねて見ても、意味が広すぎて余計にわからなくなる始末。そんなわけで曖昧なイメージのままいろいろ実験していたら、普通に何時も通りのデザインが出来上がっていたorz あくまで実験でデザインの完成品作るつもりはなかったんだけど。

そんなわけでけいおんより琴吹紬のデザインが完成。

上面。

何処がロックなんだ!どう見ても普通に何時も通りのデザイン。色つきのキャラクターバイナルが小さく貼ってあって、一面ほとんどが黄色と黒の2色という今までの自分のデザインにはあまり見られないレイアウトに、若干実験しようとした痕跡が残っている(笑)

左側面。

これまた珍しく半透明レイヤーを大きく使っている辺りに実験しようとした痕跡が。光の表現以外に半透明ってほとんど使って来なかったからなあ。上手く使って新しい表現が出来ないものかと。

右側面。

ストアフロントでほかの作者のデザイン眺めてて気が付いた。オレのデザインは色が少ない。大抵は2色をメインにまとめ、飾りつけ程度にほかの色を使う程度。ポップやらロックやらで明るいデザイン感じのデザインを狙うときは、色数を増やした方が明るくなるんだろうけど難しい。手軽に色数を増やす手段として思い付くのが企業ロゴ。いろいろな色や形があって見栄えも良い。でもいまいち使う気になれないというか、ロゴを使ったデザインを思い浮かばないorz 今度はその辺り、時間があれば実験してみるかね(ロックは何処に行った?)

今回はAngel Beats!よりユイの痛車1号から3号までまとめて紹介。2号、3号はマイナーチェンジなのでここでまとめてしまおう。

右側面。

いつもは上面から紹介するところを、今回は順番を変えて右側面から。

このデザインは上画像の画を取るために作った。キャラバイナルと照明効果を再現したバイナルのみ、ロゴ等は一切なしという超シンプルデザイン。シンプルでもキマッテいればカッコいいよねというコンセプトで作った。けいおんでも似たようなコンセプトで作ってる。これとか↓。うん、そうなんだ。ガールズバンド好きでガールズバントが登場すると、つい作りたくなるんだ。

上面。

ちょうど岩沢さんからユイへとボーカルが替わる時期だったので。ロゴはAngel Beats!ではなくガルデモ。このデザインではAngel Beats!のロゴは一切使ってない。Angel Beats!よりガルデモのデザインと言った方が正しいかもしれない。

左側面。

OPからのシーン。本当にABのロゴが無い!まさにガルデモのデザイン。

ユイのバイナルは依頼で作ったものがあと2つほどあるけど、このデザインでは使いどころが無かったので使っていない。

続いて2号の紹介。

またもや順番を変えて、今度は左側面から紹介。

このデザインはこのユイのバイナルを使いたいがために作った。そしてまたもや、ウルトラシンプルデザイン。カッコいいものに飾りはいらないのさ。

上面。

バイナルは1号から拝借、ロゴはガルデモでは無くABに。シンプルさを際立たせるために、ごてっとしたガルデモのロゴでは無くABロゴを使用。

右側面。

スカートと横顔だけ。痛車なのにキャラの顔が見えねえ。こんなデザインもいいかなと思って全体をこんな感じにして見ようかとも思ったけど、やりすぎだろと思って思いとどまった。

続いて3号紹介。

3号は上面だけ紹介。

オイ!ロゴが違うぞ!!このシルエットはけいおんだろ。ガールズバンドと言う事でやってみただけ。上の方でけいおんのデザインを紹介した伏線を回収。

ガールズバンド良いよね。jienoはガールズバンドと戦う女の子を応援しています。

実はけいおんのデザインは渋い律ちゃんデザインを作った時に、全キャラ分作るつもりでいた。だがしかし!アイディアが出て来ずに全キャラ分揃えることは叶わなかったorz

つい最近、むぎのデザインアイディアを思いついたので作り始めて出来上がったのがこれ。

驚きの事実を発表しよう。これは思いついたアイディアとは全く別の仕上がりなのだ!

思いついたアイディアでは、渋律ちゃんデザインと同じく渋むぎデザインとなるはずだった。しかし、実際に車に貼り付けてみるとどうもイメージ通りにいかない、そして試行錯誤しているうちになぜかポップ寄りのデザインになった。

上面。

渋むぎデザインの名残で大人しめのデザイン。ポップになった右側面に合わせて変えるべきかとも思ったが、格好良いのでこのままにした。ストアフロントのフォトでも、右側面のフォトよりこの上面のフォトのほうが人気あるんだよね、全体としてはポップ寄りのデザインなのにorz いつか渋むぎデザインも作ろうかな。

上面をこのままとしたことで、右側面とデザインとしての統一感に欠けるようだけど、まあそこは別のところでカバーしよう。

右側面。

というわけで、統一感のカバー。いつもなら右側面と左側面でキャラバイナルの背景が全然違ったりするけど、今回は左右でほぼ同じ。べっ、別にアイディアが尽きたわけじゃないんだからねっ。なんてことはなく、左右同じで中だけ違うというサンドイッチ構造でちったぁデザインとしての統一感があるように見えるんじゃねえの?という狙いがあったんだが、どうだろうか。

ちなみに、デザインに使われているフォントはなんなのか?

聞かれてもいないが答えよう。GoogleはAndroidのロゴで使われているフォントだよ、そのフォントがなんなのかは知らない、俺が知りたい。もちろんAndroidのロゴからでは文字が足りるはずもなく、足りない文字については勝手な想像で補完した。

このフォントはドリクラのアイリでのデザインでも使ったけど、まだアルファベット&数字の全文字は揃っていない。ポップなデザインには割と合いそうだし、そのうち全文字揃えようか。

今まで、既存バイナルを再利用して新デザインを作るということはあまりしてこなかったけど、今回は2,3作そういったものを作った。このデザインはそのうちの一つ。

何故HTT痛車1号のバイナルを再利用して、もう一つのデザインを作ったのかだって?

それは2回目のBANからの復活だからさ!

最初の予定では1つだけ完全新作で、残り17スロットを既存のデザインで埋めるつもりだった。でも復活も2回目でそれではあまりにも芸がない、面白みがない。そこで残り17は別車種移植したものを用意するつもりだった。

しかし、HTT痛車1号を移植してる最中に、単純な移植もまた芸がない、どうせなら新作にしようじゃないかと、同じバイナルから全く別のデザインが出来上がった。

そんなわけで、右側面。

1号は見れば分かる通り、EDの背景を模したもの。

2号では何故このようなデザインにしたかというと、1号とのコントラストを強調するため。1号はスポットライトと影だけというシンプル極まるデザインだから、並べたときに2つのデザインがそれぞれ引き立つようにと、1号と全く別のいろいろ情報を詰め込んだデザインにした。

小さい文字は何を書いてあるかというと。

K-ON!!ロゴの下はキャラクターの名前。

Rear側にいろいろと書いてあるのは、各キャラクターが担当する楽器とその楽器に関する説明文。ちなみに説明文はみんなの頼れる先生、Wikipedia先生(English)から。

澪の名前と楽器説明文がないって?いや、上部の中央あたりをよく見るんだ、ちゃんとあるよ。なぜ横じゃないのか、それはデザインが閃いたときにすでにこの状態だったから。試しに横に文字置いたバージョンも作ってみたけど、迫力が足りなかった。

一ヶ所だけ対称性が崩れてたりすると目立つよね。

けいおん より田井中律の痛車紹介。

始まりの一枚。

これをコンセプトにして、全体を作っていった。

コンセプトが決まれば、あとは一日二日あればデザインは出来上がる。

デザインが何時までも出来ないときは、大抵コンセプトの段階で躓いている。

この構図も一枚目ができたときに予定していたもの。

ちなみにK-ON!!の文字色は真っ黒ではない、背景が白だから安直に黒にするとでも思ったか!背景の白とのコントラストを下げるため、灰色にしてある。でないと、文字だけが浮いてしまう。

デザイン作り始めたときは、上面のデザインまで決めてなかったけど、割とすんなりと決定した。左側面と右側面の対比を上面のデザインとした。

上のデザインを作り終えた後、すぐに同じバイナルを使用したもう一つのデザインを作成した。なぜって?もっと渋みのあるデザインを作りたいと思ったからw

これは、1台目の上面を作った時に思い付いた構図、背景は煉瓦。煉瓦って真面目に作ろうと思うと結構面倒だね。規則的に同じサイズ・色のものを並べるだけでは、ただのタイルに見える。え?今もタイルに見える?

左側面は、一台目の右側面とほぼ同じ構図。今回の律ちゃんシリーズのベースだから外せない。

背景の煉瓦と律ちゃんの距離感を表現するために、間にロゴを挟みさらにそのロゴの影を縮小&ずらす。左側面でも同じことをやっているが、文字が細いのと他のオブジェクトがあって影が目立っていない。