Latest Entries »

久々って程でもないメイキングシリーズ。今回は"2 of Us"。これのメイキングだ。

2 of USは2ステップで出来る。

  1. 加工したい画像を白黒化する。
  2. 白黒画像をレイヤーの描画モード”乗算” or ”スクリーン”でコルクのテクスチャ画像に重ねる

まずはステップ1の詳細を見てみよう。

白黒画像を用意する

最終的に用意したいのは下の画像。手順としては「色調補正->2階調化」の1ステップ。ただし単純に2階調化するだけでは上手くいかないことも多い。

例えば単純に2階調化しただけの場合、下のようになる。果南がほぼ真っ黒状態。鞠莉も顔が濃い。そこで2階調化の閾値を変えた複数バージョンを用意し、切り貼りして1つの白黒画像を作るのだ。下の画像では鞠莉の体の部分を使う。

下の画像では果南の服の部分と髪の部分を使用する。

下の画像では果南の腕部分を使用する。

といった具合に複数の白黒画像を切り貼りして一番上の白黒画像が出来ているのだ!

白黒画像をコルクのテクスチャに重ねる

白黒画像をコルクのテクスチャに重ねて、白黒画像のレイヤー描画モードを”乗算”にする。ただ乗算にしただけだと黒い部分が、真っ黒なままで残りコルク部分が見えない↓。そこでレイヤーの不透明度を55%まで下げる。

壁紙左下の白みがかった部分はレイヤーの描画モードを乗算ではなく”スクリーン”にして不透明度を80%程にする。”スクリーン”だと白黒画像の白い部分が残る。

最終調整。出来上がった合成画像を”編集->自由変形"で傾いた感じにする。

傾けた画像の上に、白っぽい色のグラデーションを”覆い焼きカラー"で重ね、黒っぽい色のグラデーションを”乗算”で重ねる。

あとは壁紙用に長方形に切り出せば壁紙の出来上がり。

広告

本日2つ目のサンシャイン壁紙。

まりかな。言葉はいらない、ただ眺め慈しむのだ。

ラブライブサンシャイン 2期OPを見て分かったこと。どこを切り取ってもちかっちが、可愛くそして美しく描かれている。OPを見すぎてはいけない、100年の恋に堕ちてしまいそうだった…………って何言っとるんじゃい!!ともあれこの魅力は伝えねばなるまい。

と言う訳で世界最速(個人により体感速度は異なります)のラブライブサンシャイン2期、ちかっち壁紙を大急ぎで作ったよ。

その魅力に溺れるがよい。

Whiper moonシリーズ

うっかり堕天し損ねた聖天使ヨハネ

Giggle sunシリーズ

ポケモン サン・ムーン?いいえ、Whisper moonシリーズ・Giggle sunシリーズです。2つ試したい表現があって1つに絞れなかったのさ。タイムトラベル編でLiveInシリーズも作りたかったが手が回らない。

コミック おりこマギカ完結記念。前回と対になるキリカがメインの壁紙を作ってみた。

前回の壁紙↓

プリプリと言えば、プリンセス プリンセス?違う、プリンセス プリンシパルだ。

ちせタン、かわいいよ、ちせタン。
暑いので涼しげに白ちせ。

PC向け↓

飾らない剥き出しの格好良さ

スマホ向け↓

かしこい、カワイイ、エリーチカ!
クールで、カッコイイ、エリーチカ!!
華麗で、絢爛、エリーチカ!!!

にゃにゃにゃにゃ にゃにゃぁ~にゃ にゃんにゃぁにゃ にゃにゃにゃにゃにゃんにゃん >ω<

乙女カワイイ凛ちゃんの乙女な壁紙にゃ >ω<

FlowerExSPシリーズに続いて、CitrusTTシリーズもこれにて完結にゃあ!!

さぁさぁ、ここからが大見せ場!遠からん者は音に聞けっ、近くば寄って目にも見よ! FlowerExSPシリーズ9人目、国木田花丸ちゃんだ!!

ロゴなしversion↓

立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花。純情可憐な美少女とは国木田花丸のことよ!

FlowerExSPシリーズ、4か月かけてようやくここに完結。

今回はatmosphereシリーズ、りこっちのメイキング。

背景とキャラクターの素材を配置しただけだとこんな感じ

まず全体のイメージをつかむために背景から編集。「Camera Rawフィルター」で背景を青み掛かった感じにする。Camera Rawフィルターの基本補正タブで、色濃度を青寄りにして、色かぶり補正を赤寄りに、露光量を上げる。さらに明るい部分をより明るく、暗い部分をより暗くするために「ハイライト・白レベル」を+側に、「シャドウ・黒レベル」を-側にする。

Camera Rawフィルターを掛けた背景を複製する。複製した背景にレベル補正で入力レベルの暗い側を220くらいにして、さらに「ぼかし(ガウス)」で半径7.0でぼかす。このレイヤーの描画モードを「スクリーン」にして重ねると下のような感じになる。

もうこれで半分完成したようなものだね。でももうちょっと幻想的な感じにしたい。

今度はキャラクターを編集する。りこっちに「レイヤー効果」の「光彩(内側)」でキャラクターのエッジを光らせて、「サテン」で濃い青色をかぶせる。さらに覆い焼きのブラシでキャラクターの縁を明るめに整えることで逆行を受けて手前が暗くなっている感じにする。

次に逆行の作成。
逆行用のレイヤーを追加し、このレイヤーにりこっちの左側のふちに沿って40pixelのブラシで線を描く。

この線のレイヤーに「ぼかし(移動)」を角度 -45°、距離 500を掛ける。描画モードは「覆い焼き(リニア)」にする。このレイヤー1枚では効果が薄いので、何度かこのレイヤーを複製して重ねる。

ぼかし(移動)でキャラクターの外側に伸びた部分(上図赤い点線で囲った部分)は、消しゴムorレイヤーマスクで消す。キャラクターの右側でも同じようにして、逆行を作る。

最後に全体の微調整。
絵の上側に赤みを加えるためにレイヤーを追加し赤いブラシをかける。

このレイヤーの描画モードを「覆い焼き(リニア)」にする。このレイヤーもまた好みの色合いになるまで何度か複製して重ねる。

絵の下側を黄色味を加えるため同様の処理をする。ただしこちらの描画モードは「ハードライト」で強めに。

後は丸い色とりどりのブラシを「覆い焼き(リニア)」で重ねて一番上の完成形になる。

普通の街の風景が幻想的な光景に。加工の力は偉大だね!!